LEDが光る

USB機器をいろいろ使うのだけど、いちいちつないだり、外したりめんどくさい。それぞれの機器毎にスイッチがあるタイプがあれば、楽かも、ということで探していた。

というわけで、なかなか良い商品が見つかったので紹介させていただきたい。

やはりAmazonが種類も豊富で、値段も手頃なのが揃っている。レビューの評価もさまざまで迷うところだが、今回は次のような条件で絞って

  • USB端子毎に無効にできるスイッチがある
  • 機器への給電用に、ACアダプター端子がある(ACアダプターはいらない)

最終的には、この商品を購入した。

USB3.0ハブ atolla アルミニウム USBハブ 4ポート高速USB3.0 の 拡張+ 1充電ポートUSB Hub (5ポート・黒)

atollaは、USBハブを何種類か販売しているが、他のブランドからも似たようなモデルが売られていて、まあ、中国製にありがちな雰囲気だ。ただ、このモデルは、他と違って、珍しくアルミが使われいて、USBケーブルが直付けされておらず、さらにコントローラーが日本製なので、これを選んだ。1400円〜1700円ぐらいで売られている。

パッケージ内容はこんな感じ。

パッケージ内容

USB3.0対応のケーブルと説明書の類。ACアダプター無しのモデルを選らんでいる。

箱は簡易ではあるが、無印良品的なよさを感じる。QUICK STARTというマニュアルは英語、ドイツ語、フランス語、日本語で書かれている。全体にデザインにこだわりをもっていて好印象。

本体は、側面が金属製でエッジ加工がされている。精度が高い加工とは言えないけれど、安っぽいわけでもない。触れるとひんやりと冷たく、プラスティック製の商品とは一線を画している。

正面

上面と底面は、光沢のある素材になっている。傷つきやすそうだが、意外と硬い素材なのか、ケーブルの抜き差しで当るぐらいでは、だいじょうぶな感じ。

端子

背面にはACアダプター端子とUSB3.0TypeBの端子が備わる。ACアダプターの仕様は、5V/3A 3.5x1.35mm。

USB端子の横には、それぞれ丸いボタンがある。

端子のON/OFボタン

このボタンで、各端子のオン・オフを切り替える。

  • 普通に押すとオン
  • 長押しでオフ 不注意で切ってしまわないように、親切な設計になっている。

一部の端子だけ、オンにしてみた。

任意のLEDだけ

赤い端子は、充電専用で最大2.4Aに対応している。

参考までに、いろいろ差し込んでみるとこんな感じ。 いろいろ差し込んでみた図

LEDの鮮やかな光がとてもきれいで、最近、流行っている光る自作PCと似合うかも。残念ながら、写真でうまく表現できないが。 LEDの発色

底部には、すべり止めのゴムが二箇所ついていて、すべりにくいのもナイス。

底部

気になった点は、こちらの固体だけの問題だが、充電専用のポートだけが少し差し込みに力がいる。こういうのは、ありがちなので仕方がないかも。

というわけで、最後にまとめると

  • USB端子毎にON/OFFボタンがあり、操作性もよい。
  • ACアダプターが使える
  • 充電専用のポートがある
  • USBケーブルが直付けでない
  • デザインがよい

ということで、特に欠点らしいものはなく、おすすめです。