kamo-3337.jpg

神戸マラソンまで、ついに10日をきって、緊張感が高まってきました。

しかし、僕の10月の月間走行距離は、130kmしかありません。うむむ、こんな僕にサブフォー達成の勝算はあるのだろうか・・・。 (最初、間違って110kmと書いていたので訂正しました)

スポンサーリンク

予定では最低160kmを目標にしていたのですが、10月の中頃、膝のあたりに痛みがあったので、様子をみて控えめにした結果なので仕方ありません。

どっちにしろ160kmでも少なめかもしれませんが。

で、その膝の痛みですが、結局、走っているときに痛みはないのに、日常生活では、にぶい痛みを感じるという変な感じです。

結局、10月末に30kmを走ったときでさえ特にどこかを痛めることもなく完走できたので、膝の痛みの問題は気にするのはやめました。

ただし、岩本能史さんの「非常識マラソンメソッド」によると僕の走行距離程度では、30kmも走るのは危険だったようです。痛めなくてよかった。

ちなみに30kmを走ったときの記事は 京都の桂川と鴨川の合流地点まで走ってみた です。30km走がしたかったわけではなく、合流地点へ行ってみたかっただけなのですが・・・。

それから、以前の記事、神戸マラソン当日までの10日間をどうすごすか で書いたとおり、昨日はビルドアップ走を行ないました。結果は目標タイムをクリアできて嬉しかったのです。なぜなら、同じく岩本能史さんの「非常識マラソンマネジメント」によると

レース10日前の目標タイム別ビルドアップ走をぼくらは「ソツケン(卒業検定)」と呼んでいます。これがクリアできたら、目標タイムでゴールできる確率は、かなり高くなります。

とあり、ビルドアップ走として、5km x 3回 = 15km を走るのです。サブフォーが目標の場合、順番に28分 → 27分 → 25分半 と少しずつペースをあげて走りきれればOKなのだそうです。

あくまで目安ではありますが、昨日、このペースで完走できたことは、ひとつの自信にはなりました。

走行距離は言っても仕方ないし、いまさら距離を走っても逆効果でしょう。とにかくがんばろう。