image-3086.jpg

Garmin ForeAthlete220Jのケイデンスの使いかたを覚えてからは、できるだけピッチが180台になるようにランニングしています。

ピッチを最優先で走るトレーニングが正しい方法なのかはわかりません。タイムとは違う基準で自分の走りを知ることがおもしろいです。

スポンサーリンク

データページをカスタマイズ

ケイデンスを使い始めるまでは、220Jのデータページ設定は、僕にとってカスタマイズは不要でした。 しかし今ではこんな風にカスタマイズしています。タイムの代りにピッチを表示しているだけなんですが。

データページ1

 標準自分の設定
上段距離距離
中段タイム→ ピッチ
下段ペースペース

データページ2

 標準自分の設定
上段ラップ距離ラップ距離
中段ラップタイムラップピッチ
下段ラップペースラップペース

表示する項目は メニュー > 設定 > アクティビティ > データページ で変更できます。

タイムを無視しているところが、軟弱なランナーをさらけだしていて恥しい。

220j-pitch.jpg

今までのピッチ170台に慣れているところを、急に走りを変えたことが影響してか、いつも以上に脚の疲れが溜っています。おまけに左膝周辺ににぶい痛みが・・・ 神戸マラソンまで一ヶ月しかないのに。

大会ではピッチは表示しない

今の220Jの設定はあくまでトレーニング用です。マラソン大会で最優先すべきはラップ表に合せてペースを維持することです。だからピッチの表示は邪魔なので非表示にします。ピッチを意識したら無駄に脚の筋力を消耗しそう。

意識しなくても180台がキープできるようにならないといけないなあと思う今日この頃です。