image-3489.jpg

先日、ふとしたことでGarmin Connectのケイデンスの存在が気になり出しました。

それでちょっと調べてみたのです。そのときの記事はこちら → ForeAthlete220Jのケイデンスとは何か?(訂正あり)

そして本日、実際にケイデンスを確認しながら走ってきました。正直、感動しました。これは使わないと損です。

スポンサーリンク

ケイデンスとは

先の記事にも書きましたが、繰り返し書いておきますと、ここでいうケイデンスとは、ラン・ケイデンスのことで一分間の歩数のことです。例えば、170spmであれば、一分間に170歩で走っていることを表わします。(spm: steps per minutes)

220Jのケイデンスの精度

GarminのForeAthlete220Jには加速度センサーが内蔵されているため、本体だけでケイデンスを取得できます。今日、実際に走りながら、自分の足の歩数と220Jの計測値の関連を確認しました。歩数に合せて計測値もきちんと変動しています。Garminのサイトによれば、一番正確なのは Food Pod という靴に取り付けるアクセサリーなのですが、素人の僕には220Jで十分なレベルですね。

試しに、ペースは速めに、ストライド(歩幅)を大きく、つまり大股で走ってみたら160spmと低め。

一方、ペースをかなり遅くしてストライドも小さく、小股でちょこちょこ走ってみたら180spmと高め。

一歩一歩を感知できていないと、こんな風に計測できないはずです。すごいぞ、加速度センサー! すごいぞ、ガーミン!

腕振をせずに体に固定して走っても、足の回転が同じならspmは変化なし。

初期状態ではピッチは非表示

ちなみに初期状態の220Jはケイデンスが非表示になっています。

メニュー > 設定 > アクティビティ > データページ で任意のページの項目を ピッチ へ変更してください。

ピッチを意識して走る

Garmin Connetによれば、次のようにピッチ範囲がゾーンで分類されています。

garmin-cadence2.jpg Garmin Connectより

僕の場合、170spm前後で走っているのでグリーンの範囲が多い。

これを180spm台で走れるように頑張って走ってみました。

180spmというのは一秒間に3歩足を着地させるということです。一秒に3歩を意識して走っていると本当に180台になるのがおもしろい。かなりあわただしいし足が疲れるけれど、これはトレーニングにかなりいい。

180spmで走っていると、調子のいいときはこんな感じで走っているよな・・と改めて思いました。ペースがうまいぐあいに上っているときってこんな感じだなー。

数字で客観的に自分の走りがチェックできるってのは素晴しい。

ランニングフォームのチェックに使えるのか?

あすリード・ランニングクラブさんのサイトによれば (http://asulead.blog51.fc2.com/blog-entry-37.html)

180なければ、かなりのスローピッチですので、

上下動が大きい走りになっていると思ってください。

男性ランナーは、180~190

女性ランナーは、185~195

が目安のピッチ数です。

とのことです。

ガーン! そうか僕は180ないから上下動が大きい走りなのか・・・。

そもそも前提にしているレベルが違い過ぎるので、参考にしていいのかわかりませんが勉強になりました。

明日からはピッチを意識して走るようにしよう。

220Jを購入して本当によかった。

続きの記事はこちら → ForeAthlete220Jのケイデンスを意識して20kmを走った