わが家ではメダカを飼っている水瓶がありまして、そこに水草としてホテイアオイを入れています。ただホテイアオイの繁殖能力の高さから、水瓶にあふれんばかりになってしまったため、一部を別のバケツへ移して庭に置いていたのです。

今から一ヶ月ほど前に、そのバケツの中を見たら、何やらクネクネ泳いでいる。 一瞬、黒いメダカが泳いでいる!?気持ち悪いーーとビビりました。子供の頃、水遊びをした経験が少ないからか、それがトンボの幼虫、ヤゴであるとは恥かしながら知らなくて、後でネットで調べて知りました。

ホテイアオイのバケツに一匹だけ、いつのまにか居候していたヤゴ。今日はそのヤゴの話です。

スポンサーリンク

まずはそのヤゴの姿は見えていただきましよう。

yago1.jpg

若干、不気味な感じだったので、写真はこれだけ。

途中で、バケツを替えたのですが、こんな感じのホテイアオイ専用バケツでヤゴくんはしばらく暮しておりました。

yago-house.jpg

メダカの飼育がメインだったので2、3度生存確認はしましたが、基本は放置です。ボウフラがわいていたのでそれを食ってくれたらいいなと。

そして今から4日ほど前、ふとバケツを見たら、例のヤゴくんが外に出ているのを偶然に発見。

yago2.jpg

おおお!?

これはまさか・・・羽化が始まった?

まさかそんな偶然があるのか?

yago3.jpg

ドテっと勝手に落下。

yago4.jpg

のそのそ移動したりしてる様子。どこへ行こうというのか。

yago5.jpg

カメラを接写できるiPad miniへ変更。

yago6.jpg

なんか羽化しつつある?

yago7.jpg

・・・・とここで来客。

不本意ながら、30分ほど離れました。

戻ってみたら・・・・

じゃーーーん

yago8.jpg

トンボ!

目玉がかわいいねえ。何トンボかはさっぱりわかりません。

接写して写真を撮っていたら、一瞬で飛びたって行きました。

残ったヤゴの衣を記念撮影しておきました。

yago9.jpg

悔まれるのは、30分離れてしまったため、途中の経過を見損ねてしまったことです。

でも、まさか羽化が見るなんて全く期待していなかったので、いいものを見ることが出来て満足です。

最近、鴨川をジョギングしているとやたらとトンボが飛んでいるのはちょうど羽化する時期なのかもしれない。家での偶然の出来事と、鴨川の風景がシンクロしていていい経験ができました。メダカのおかげ、いやホテイアオイのおかげです。

[postlist slug="medaka"]