book1.jpg

神戸マラソン2015を来月に控えて、岩本能史さんの「非常識マラソンマネジメント」を読み返している。

この本は、マラソンの前日から当日までを、どのように過すべきか、をテーマにしている。

読み返していて気付いたのだが、実はさりげなく「レース前10日間に守るべき4大ポイント」という章が20ページにわたって書かれていたことを忘れていた。タイムリーな話題だったので記事にしておこう。

スポンサーリンク

神戸マラソン2015は来月11月15日開催だ。今月は最後の追い込みをがんばるにして、11月に入ってからはどのように過すべきかを思案していたところだった。

前述の書籍に「レース10日前からのトレーニング・メニュー」と、まさに僕が求めていた情報が紹介されていたので、さっそく神戸マラソンの日程に合せて、ガーミンコネクトのカレンダーに入力した。

kobe-marathon-calendar.png

簡単に説明すると、10日前のビルドアップはペースを5km毎にアップさせて合計15km走る。

7日前の峠走は10kmほど下りだけでもOKなのだそうだ。

ジョグは5km程度のつなぎ練習。そして空欄の日はオフの日である。

すべて実行できるかは別として、迷っていたことが解消された。

僕は初フルマラソンから、この本のお世話になっている。年に一回程度しか走らない草ランナーなので、すっかり忘れてしていた。1年ぶりに読みかえし、実践的で具体的なノウハウが満載なことに毎回、感心する。

この本のとおり、マラソン前日の夕食後は、アミノダイレクト5500を溶かした経口補水液OS-1だけを飲んで過している。

さらに当日の朝は、シャワー浴びて、お餅を大量に食って、みたいなことを毎回やっている。なんて従順な読者なんだろう(やっていないこともあるが)。

とはいえ、フルマラソン初挑戦のときから、この本のお世話になっているため、どこまでがこの本の効果なのかわからないのだ。やはり同じく最初から使っているガーミンのGPSウォッチのおかげかもしれないし、レース前に必ずお参りする護王神社の御利益かもしれない(関連記事: ランナーならお参りしたい、京都の神社)。

「非常識マラソンマネジメント」とは

ところで、この本の主題は、あくまでレース前の24時間からレース中にどのようにすごすべきか、についてである。

  • スタートの何時間前にはこんなことをする。
  • 食べるものはこんなものがいい。
  • スタート後は何キロ〜何キロはこんな走りを。
  • おすすめのアイテム、ウェア類。
  • 摂取しているサプリメントの商品名。

このような具体的なアドバイスが一冊の新書にギュっとつまっている。

タイトルが「非常識」となっているのは、前作からの続編という意味もあるのだろうが、 やはり、このシリーズらしく

  • 前日は極力、歩くな、立つな
  • ウォーミングアップしない
  • ストレッチしない
  • カーボローディングするな

といった、やはり「非常識」な内容だからである。

さらに、大会の数日前から読んでも間に合う、非常識なマラソン本である。