kyoto-marathon.jpg

初めてフルマラソンを走ったとき、ゴールで、他のランナーさんがうしろを振り返って、一礼する姿を目撃し、それがとても印象的でした。そういう習慣があることを、そのとき初めて知ったのです。

ゴールして、くたくたの状態であるにもかかわらず、礼儀を忘れずに一礼するなんて、なんて素晴しい習慣なんだろうと感心しました。それに余裕があるのもかっこいい。

次回、自分もゴールしたときには、一礼しようと思いました。

ランナーによって一礼される気持ちはいろいろなのでしょうが、感謝の気持ちを表わされているのだと思います。

大会を支えているスタッフやボランディアへの感謝。

沿道で応援してくださったかたへの感謝。

家族や仲間への感謝かもしれないし、神様への無事に走れたことへの感謝かもしれません。

そして翌年。再び、京都マラソンを完走できたとき、僕も一礼できました。

いろいろな人に支えられて走れたわけですから、こういう形で感謝の気持ちを表すって大切やなと思いました。