image-1306.jpg

ランニング初心者は、足を痛めないように厚底のシューズを選ぶ。薄底のシューズはアスリート向け。これが世間の常識だろう。クッション性の高い、厚いソールのほうが、着地の衝撃をより吸収する。これから脚を鍛える初心者には、しっかり脚を保護できる厚底のほうがいいに違いない。

ところが、岩本能史氏の著書「非常識マラソンメソッド」は初心者であっても薄底シューズを選ぶべきだという。

この本で淡々と語られるトレーニングの裏側の、ランナーの熱い世界に魅かれた僕は、すぐに薄底シューズを買いに行った。不安はあったが、その薄底シューズとやらを早く体感したかった。

というわけで、今回は、草ランナーの体感した薄底シューズについて書いておこう。

スポンサーリンク

運動不足の解消にジョギングを始めた僕は、初心者向けの、いわゆる厚底シューズを履いていた。10kmを走れるようになって、走る習慣も身に付いてきた。脚を痛めて、しばらく走れない時期もあったが、それは僕が初心者だからだ。

フルマラソンに初めて挑戦することになって、本格的なトレーニングを迫られたとき、岩本能史氏の「非常識マラソンメソッド」を読んだ。

はやく薄底シューズを体験したい。そんな想いにかられてスポーツショップへ行ったものの、陸上のド素人が、アスリートモデルを買うなんて、とんでもない間違いをおかしているような気がして躊躇した。

日に焼けた、いかにも陸上経験者のような店員さんは、「全然だいじょうぶですよ」と言いながら、靴を試着させてくれる。つまさきの余裕を指先で確認しならが「このサイズでだいじょぶです」と教えてくれた。

こうやって購入してきたのが次の靴だった。

アディダス アディゼロジャパン

アディダスのアディゼロジャパン。僕にとって記念すべき薄底シューズの第一号。 adizero.jpg

これは「非常識マラソンメソッド」にモノクロ写真で掲載されていたモデルと同じ種類だと思われる。事前に岩本氏のブログなどを調べていたのだが、彼のチームメンバーの多くがアディゼロジャパンを履いてるとのことだった。そういう実績のある薄底シューズをタイミングよく購入できたのだ。

実際にこれで走ってみると、とても軽くて、開放感があった。軽快に脚を動かすことができる。

脚を痛めてしまうのではないかと心配もしたが、むしろ快調にトレーニングは進んでいった。明らかに、以前よりも調子がいい。

結局、このシューズで、初フルマラソンを完走し、2回目ではサブフォーを達成できた。僕にとっては記念すべき一足である。履き潰してしまうのが、もったいなくて、いまだ置いてある。

靴を替えたことがきっかけで、脚を痛めることが減って、トレーニングが順調に進んだのかもしれない。さらに脚が丈夫になって、脚を痛めることが減る。そのような、いいサイクルが生まれて、初心者から次のステージへうまく移行できたのかもしれない。

アシックス ターサーブリッツ

アディゼロジャパンで問題なく走れたので、練習用にもう一足購入したのが、アシックスのターサーブリッツである。

tartherblitz.jpg

これはレース兼練習用のモデルで、いかにも陸上部の人が履いてそうなデザインだ。軽快さはアディゼロには及ばないが、普段使いにぴったりの実用的なシューズだ。さすがアシックスである。

長持ちさせるためにアディゼロと交互に履いていたのだが、初マラソンの記念品となってしまったアディゼロとは対照的に、ぼろぼろになって、逆に遠慮なく履けるようになり、こればかり履いていた。最後は、あまりに履き過ぎて、前頭部分に穴が空くは、靴擦れで血が滲みだすは、さんざんな状態になるまで、履き潰してしまった。

アディダス アディゼロジャパン2

さらに購入したのは、アディゼロジャパン2だ。

adizero2.jpg

最初のアディゼロで、フルマラソンを2回を走ったのだが、2回とも親指の爪が真っ黒になっていた。

3回目のフルマラソンを控えて、このままでは再び爪が真っ黒になってしまう。なんとかしょうと、新たに購入したのが、このアディゼロジャパン2である。爪対策として、ワンサイズ大きいのを選んだ。この新モデルは、繊細さが減って、剛健な雰囲気へ進化している。

そして、これで3回目のフルマラソンを走ったところ、まったく爪を痛めておらず、我ながら感動してしまった。買い換えた値打ちは十分にあった。

さいごに

以上、私の経験をまとめると、こんな感じになる。

  1. 薄底シューズは自分には合っていた
  2. 「非常識マラソンメソッド」を参考にトレーニングを続けた
  3. 結果、フルマラソンでサブフォーを達成できた

運動経験のないド素人が、フルマラソンを走ろうとするだけでも、なかなかの挑戦だったと思う。

その上、アスリート向けの薄底シューズを履いて、走ろうとしたわけだ。今から考えれば、むちゃなことだったのかもしれない。

しかし、まだまだ挑戦が足りないと思う日々である。