エコモード搭載のケーブル

オズマ株式会社のエコモード搭載スマートフォン用USBケーブルは、スマートフォンへの充電を自動で停止・再開してくれるバッテリーにやさしい画期的な商品だ。

以前に別の記事(自動で充電が止まるUSBケーブル)でも書いたが、Wimaxのモバイルバッテリーで重宝している。

しかし、正式にはAndroid向けで、iPhoneはサポート外になっている。端子がUSB Micro-Bタイプなので、そのままでは、つなぐこともできない。

そこで、動作保証外なのは承知の上で、Micro-B端子をUSB Type Aのメスへ変換するアダプターを購入して、iPhone7とつなげてみた。

オズマ株式会社のエコモード搭載スマートフォン用USBケーブルは、ぱっと見は普通のケーブルのように見える。 エコモード搭載スマートフォン用USBケーブル

このケーブルのMicro-B端子を、Type A端子へ変換するのが、変換名人のスマートホン用変換アダプタである。 変換名人

それから、さらにLightningケーブルをつなげる。 接続する

いささか面倒くさい雰囲気。 使用中

iPhone7をつなげてみる。さて、どうなったか。 iphone7

ここで期待している挙動は、充電が始まると、バッテリー残量が90%台になると自動で充電が止まり、80%ぐらいまで減れば、再び充電が始まる、ということを繰り返してほしい。

しかし、結果は、まったく実用的な挙動ではなかった。

最初にケーブルをつないだ直後は、充電が始まる(バッテリーの残量に関係なく、始まるのは仕様)。 で、しばらくすると給電は止まる。

そのまま放置しておく。

で、「バッテリー残量が少なくなっています」のメッセージが表示される。

しかし、まだ充電は始まらない。

いよいよ、画面上のバッテリーアイコンが、赤くなっていても給電はされない。

このまま自動で電源が切れるのかと、さらに放置しておいたら、給電が始まった。

で、このまま満充電まで行くのか、と期待したが、35-40%で止まってしまった。

つまり、自宅でつなぎっぱなしで、外に持ち出さない使い方であれば、使えなくはないが、 例えば、動画を流すような使い方をすると、上記のメッセージが出て、動画が停止してしまう。 外に持ち出すには、バッテリーが十分に充電されないので、実用的ではない。

ケーブルなど個体差にも左右されそうなので、一概に同様の結果になるとはいえないが、残念ながら、僕のiPhone7では厳しかった。

一方、いまだに家で使っているiPhone4sも試しみた。 iphone4s

結果は、こちらは十分で実用的であった。

充電は、残量98%ぐらいで自動的に止まる。そのまま、つなぎっぱなしにしているが、ときどき「ポン♪」という、ケーブルをつないだ時に鳴る音がして、適度に充電・停止を繰り返している。バッテリー残量が常にいい感じに残っているので、気軽にケーブルを外すこともできる。iPhone7もこうであってほしかった。

以上、参考になれば、幸いである。