WindowsからMacへ乗り換えた人が混乱することとして、ショートカットキーのCommand + Tabの挙動の違いがある。

そういわけで、Windowsと同じようにしてくれるフリーソフトが人気のようだ。しかし、わざわざMacにスイッチしたのに、Windowsと同じ使いかたをしようする意味がわからない。せっかくMacの優れた操作体系を学ぶ機会を自分でつぶしてしまうことになる。

スポンサーリンク

Macは2段階で選択する

確かにWindowsのAlt + TabとMacのCommand + Tabはキーの配置がほぼ同じなので、同じ目的のように見える。

しかし、実際は、Windowsの場合

ウィンドウを切り替える

なのに対して、Macの場合

アプリを切り替える

という違いがある。

WindowsのAlt + Tabは、Macの場合

  • Command + Tab → アプリの切り替え
  • Command + F1 → アプリ内のウィンドウの切り替え

の二つに分割されている。

Command + Tabででアプリを切り替えて、Command + F1でアプリ内のウィンドウを切り替える、という二段階で操作する。

郷に入っては郷に従え

私自身も当初はそんなことを考えずに、これを欠陥として考えてフリーソフトをインストールしてみたりもした。

ただ、そういう解決策はちょっと違うんじゃないかと思うようになった。なぜアップルはこんな風にしているのか。アップルはこういう使い方がいいと判断したからそうしていると思われるのである。Macは使いやすいという評判が一般的に言われている。なぜ使いやすいと言われるのか。それを知るためにはまずは素直にMacの流儀で操作することを覚えようと思った。せっかくMacを買ったのだから、「郷に入っては郷に従え」の気持ちで使うことにした。

その結果、2段階での選択に慣れてしまうと、不思議と操作を混乱することがなくなった。私は複数のアプリを起動して使うので、Windowsを使っていた時はよくガチャガチャとAlt + Tabを押下しては目当てのウィンドウを探していたけれど、、Macになってからはそういう感覚がなくなった。

Macのデスクトップで特徴の一つは、画面上部のメニューバーには、今、アクティブなアプリ名とそのメニュー項目が表示されるようになっていることだ。ユーザーは現在アクティブなアプリがどれなのかを強く意識させられるようなデスクトップになっている。

アプリを選ぶのではなくウィンドウを選ぶWindows

一方、Windowsは、アクティブなウィンドウが強調される。どのアプリがアクティブかは実はあいまいで、アクティブなウィンドウが何かをユーザーは認識している。すべてのウィンドウを閉じるとアプリが終了するというのが標準的な挙動だ。

一方、Macの場合、すべてのウィンドウを閉じたからといってアプリ自体が終了するとは限らない。

OSにはそれぞれ独自の世界がある

私が言いたいのは、別のOSで学習した操作体系を安易に違うOSに持ち込むことは、OSの思想を学ぶ機会をつぶしてしまうのではないか、ということです。

ちなみに私はEmacsの変態的なショートカットが大好きだし、CUIも大好きなので、ショートカットに全く抵抗がないためCommand + F1もすんなり受け入れることができたのかもしれません。

一般的にMacユーザーがどの程度Command + F1を活用しているのかと言えば、とても怪しい気がする。実際、どうなんだろう。