ランチタイムにサンドイッチを食べるのが好きだ。ちょっと軟弱な男子のようでもあるが、コーヒーをすすりながら、まったりとサンドイッチをつまみ、本でも読んでいるのは最高だ。

しかし、京都市内で、ランチとして満足出来るサンドイッチを出すお店というのは、意外と少ない気がする。Ha-Ha apartment cafeのサンドイッチが大好きだったけれど、閉店してしまった。

そんな状況のなか、以前からマドラグというカフェのタマゴサンドが気になっていた。( → 食べログ ) しかし、タマゴサンドがランチとして果たして満足できるのだろうか。そこが疑問だった。先日、ようやく行ってきたので紹介しておこう(と言ってもずいぶん前の話なんですが・・・)。

いわゆるタマゴサンドといえば、スクランブルエッグ系のものが一般的だが、こちらのタマゴサンドは、だし巻き卵風である。

体験型のサンドイッチ

コロナのタマゴサンド 写真では知っていたが、実際に見たとき思わず「でか!」と叫んでしまうほど大きさだ。タマゴがパンにサンドされているというよりも、タマゴにパンがくっついてるぐらいの存在感である。

見た目の大きさに驚きつつ、さっそく食べ始めようと、その中の一つを手にした瞬間、「あったかーい」。タマゴのぬくもりが、パンに伝って独特の温かさを感じる。トーストしていない、普通の食パンのふんわりとした感触で、しっとりしている。とてもやさしいサンドイッチである。サンドイッチの感触でこんなに感心したのは初めてだった。

ただ、食べるのは大変だった。このタマゴの分厚さゆえ、ふわふわして持ちにくい。具が飛び出ないように慎重に口へ運ばないといけないが、実際に具が落ちることはなかった。食べやすさを考えるともう少しコンパクトにすることもできるのだろう。この大きさゆえに食べることもどこか楽しい体験になっている。そこが狙いなのかもしれない。

味も量も大満足だ

ランチとして満足できるかどうかについて気にしていたが、全く問題ない。しっかりお腹いっぱいになった。もちろん味もタマゴのうまさが際立って、とてもおいしいサンドイッチである。セットのコーヒーもいい味だった。これならまた食べに来たい。

ちなみに、お店のブログには工事段階の話から写真付きでアップされていて楽しい。店名の由来なんかもわかる。とにかく好きでやってます!って感じがして楽しそうである。(http://d.hatena.ne.jp/lamadrague/)

冒頭で書いたとおり、Ha-Ha apartment cafeの、ガッツリと食べられるサンドイッチがなくなって久しい。コロナのタマゴサンドのように復活されないかなと思う今日この頃です。