chromebook

AcerのChromebook C851T-H14Nを購入した。Linuxをインストールして使っていたLet’s NoteのW5Mが、とうとう寿命を迎えてしまったので、その代りに買ってみた。はじめは中古のLet’s Noteでも買おうかと考えていたのだが、ChromebookでLinuxが動くことを知ってしまい、急に興味が湧いてしまった。値段が安かったこともあるし、どうせなら、未知のChromeOSの世界を体験してみたいということもあった。購入して一年以上使っているが、使い勝手のよさから、重宝している。

購入したAcerのC851T-H14Nは、シンプルなノートパソコン型のChromebookで、特にキーボードが外れたりするわけではない。購入した2021年1月頃、ヨドバシカメラの店頭で17000円のセールになっていたので、買ってしまった。希望していたスペックが、CPUがX86_64系、液晶にタッチパネル付だったので、ちょうどよかった。

デザインは、いまどきのノートパソコンとしては、ちょっと古風な感じがする。他のChromebookは、メタリック風な素材だったり、おしゃれなデザインだったりするが、それと比べると合成樹脂の素材は、すこしチープな印象を受ける。カタログによれば、教育現場での使用を想定されていて、意外と頑丈にできているようだ。合成樹脂な素材は、傷には強そうなので、あまり取り扱いに気を使わなくていいところもよい。

chromebook

2007年発売のWindows搭載のLet’s Note W5Mと比較することに意味はないが、個人的には、この機種の代替だったので、ちょっと比較してみた。本体の大きさや重さはほぼ同じ。Acerのフラットなデザインには、ミニマムな美しさがあって意外とかっこいいと思う。トップは、細かな凹凸のパターンが加工されていて、手触りもよい。ChromeとAcerのロゴは、プリントのようなので、経年劣化で剥げてくるかもしれない。

chromebook chromebook

 ディスプレイは、いまどきの精細で美しい光沢の液晶と比べれば、地味である。スペックは、非光沢の12インチ、解像度は1366×912。初めて店頭で見たとき、旧世代のノートパソコンにしか見えず、購入を躊躇したぐらいだった。とはいうものの、実際に購入して使ってみると、特に不満は感じない(Macでは4Kモニターを使っているので、使い分けしている)。無駄に眩しくなくて、彩度も低めなので、逆にほっとするぐらい。非光沢なのがやはりよい。

chromebook

 キーボードは、打鍵が軽めでこのクラスに相応の質感だと思うが、タッチタイピングはまったく問題なくできる。MacBookなどと同じようなスクエアの形のキーで、レイアウトもどこか似ていて、きれいな配置だと思う。矢印キーの配置は、触れるだけで判別できるのでわかりやすい。

 この機種に限った話ではないが、Chromebookの特徴として「A」キーの左横が、虫めがねのアイコンの検索キーになっている。検索キーとは、WindowsでのWindowsキーのようなもので、これはこれで有用だが、個人的には、この場所にはCtrlキーがほしい・・・と思ったら、簡単に設定アプリでCtrlへ変更できた。

chromebook

 一見するとファンクションキー(F1、F2など)がないのだが、キーボードの最上段に並んでいる特殊なキーをファンクションキーに変更することもできる。これも設定アプリで、簡単に変更できてしまった。Ctrlキーもそうだが、こういう当たり前のことが当たり前にできたので、ちょっと拍子抜けした。ChromeOSの好感度がぐんと高くなった。

chromebook

 タッチパッドも悪くはない。大きさは10.5x7.7(cm)と十分な広さがある。MacOSのように、ChromeOSにもジャスチャーがあって、例えば、4本指でデスクトップを切り替えたり、3本指でアプリの一覧を表示したりできる。

 ちなみに、Macで使っているMagic Trackpadと比較すると、なめらかさはずいぶん劣る。もたついたり、反応がいまいちということもある。結局、必要に応じて、Bluetoothのマウスを併用している。

 ブラウザのChromeでは、三本指のスワイプでタブを切り替えられるのでよく使うのだが、これはChromeOS版でしか使えないみたいで、MacのChromeを使っていると、同じジェスチャーが使えなくて不便に感じてしまう。

 いささかチープだと感じたのは、キーボードのパームレストと底面のパーツの間にわずかな段差があるところ。よく言えば、簡単に分解できそうなつくりになっている。パームレストに手を置いていると、手首あたりが触れて、その段差がわかるのだ。長袖を着ているときはわからないが、半袖だと肌に直接にあたるので、段差がわかる。別に問題ではないけれど、個人的には、こういう端が角張っている構造のノートを初めてつかった。

chromebook

 意外と充実しているが、USBポートで、合計4ポートが用意されている。左右の両サイドに、Type-CのUSB3.1とType-AのUSB3.0がそれぞれ一つずつある。Type-Cのほうは本体の充電用にも使う。左右どちらからでも充電ケーブルを差せるので、使い勝手がよい。

chromebook chromebook

 左サイドには、MicroSDカードスロットがひとつ用意されている。私の場合、ext4形式にフォーマットしたMicroSDカードを差しっぱなしにして、Linuxで常用している。

 内蔵ストレージのほうは、32GBあって、このクラスでは標準的な容量だと思う。工場出荷状態で空き容量がいくらあったか失念してしまったが、現状、システムだけで約12GB、Linux環境で約11GB使用しているので、そんなに余裕があるわけではない。Linuxを使う前提だと、64GBあったほうがよかったかも、と実際に使ってみて感じた。ChromeOSの基本は、ユーザーデータをクラウドに保存するのが前提と思われるので、Linux系で使うデータ類は、前述のとおり、ext4でフォーマットしたMicroSDカードに保存して使っている。結局、32GBでもなんとかなっているので問題はない。

 Chromebookの魅力のひとつに、Androidアプリが使える点がある。ものめずらしさで調子に乗ってゲームなどインストールしていたら、あっという間に容量がなくなってしまった。Androidアプリをいろいろ試したかったので、タッチパネル搭載のモデルを選んだが、やはりGoogle Mapなどタッチパネルがあったほうが使いやすい。一方、Kindleは、矢印キーを使ったほうが快適に読めるので、キーボードと使い分けられるのもよかった。

 最初に書いたとおり、買ったのが去年の1月のことなので、すでに使い始めて1年以上経っている。使い始めた当初は、Linux環境がベータ版だったせいか、トラブルがあったり、慣れが必要だったりで、ずいぶん試行錯誤した。今では、Linux環境も正式版になって、安定して使えている。シンプルなOSなので普段使いにぴったりで、用途によってはもうChromebookで十分だと思う。Linuxも使えて、Androidアプリも使えて、いいとこ取りではなかろうか。