lixil

 洗面台で、手を洗っていたら、突然、大きな音がした。

 蛇口のハンドルが外れて落ちていた。 lixil

 ネジが外れたのかと思ったが、そうではない。よく見るとハンドルの裏側が折れている。

lixil

 写真ではわかりにくいが、真ん中のネジのまわりに、ハンドルの折れてしまった裏側部分が残っている。ハンドルを固定するネジは、上からは見えない真下の穴から取外せるようになっている。

lixil

 折れた部分に力が集中して経年劣化したのだろうか。このハンドルは、軽い力で栓を開け閉めできて、とても使いやすいのだが、その分、簡単に最大へ全開できてしまうので、ハンドルの根元に無理な力が加わっていたのかもしれない。

 手元に残っていた洗面台の資料から、水栓の型番は、SF-71SYN-MB4らしい。これを頼りにリクシルのINAX ビジネスユーザー[いいナビ]というサイトで、取替用部品を調べることができた。水栓の展開図によれば、ハンドルの型番は、A-8235だとわかった。

 楽天市場を探すと、普通に販売されていることがわかったので、いろいろ比較して、設備プラザさんに注文させていただいた。
https://item.rakuten.co.jp/setubi/a-8235/

 私の場合は、午前中に注文して、当日の夕方に商品発送の案内メールをいただいた。メール便なので、到着に日数がかかるのは仕方ない。

 商品が届くまでは、ハンドルを元の位置に戻して、落ちないようにハンドルを手で押えながら操作すれば、とりあえず使うことはできる。しかし、気を抜くと簡単に外れてしまい、いささか不便だったので、接着剤で仮止めしてみた。

lixil

 ずいぶん昔に買った、ボンドの「ウルトラ多用途SU プレミアムソフト」という接着剤を使ってみた。水回りにも使えて、硬化してもやわらかい。接着して、一晩置いたところ、意外にも、今までどおりにハンドルが使えるようになった。

 数日後、新しいハンドルがメール便で届いた。部品だけが届くのかと思いきや、箱入りできちんとしたパッケージだった。

lixil

 さっそく取り付けたいところだが、接着剤で仮止めした元のハンドルが、外れずに頑張っている。あえて外す必要がないので、新しいハンドルは予備として保管しておくことにした。

 一昔前なら、水道屋さんに修理をお願いしていたかもしれないが、いまは、LIXILがデータベースを公開してくれていて、自分で部品の確認をすることができる。そういう時代になっていることに感心したのだが、それ以上に、コニシのボンドの優秀さに感心してしまった。