ダイソー石鹸置きパッケージ

無印良品の「発泡ウレタン石けん置き」を風呂場で使っている。ウレタンのスポンジとポリプロピレンの受け皿のセット。

無印良品

古い写真しかなかったので、値段が今とは違っているが、2019年5月現在、税込290円。→ 発泡ウレタン石けん置き約123×91×厚さ36mm 通販 無印良品

が、しかし。ウレタンが経年劣化するので、買い替えるのをさぼっていると、こんなことになる。

劣化した商品 あまりにも、ひどいの自己規制。

取替用スポンジだけ売られているので、何度か買い替えては使い続けているのだが、次の無印週間で買えばいいやとか(セコい)、買おうと思ったら品切れだったとかで、放置していたら、こういう状態になってしまった。

そんなとき、100円ショップのダイソーで、こんな商品を見つけた。

ダイソー石鹸置き

商品名「ぺたっと貼れる石鹸置き」。

色は、白に近い無印と比べると、少し濃い色で、石けんが納まるくぼみはなく、フラットな形になっている。

ダイソー石鹸置き

無印のようなポリプロピレンな受け皿はなく、代りに白い台座のようなものが接着している。 ダイソー石鹸置き 裏側のフィルムをはがして、ぺたっと貼り付けて使うのだが、その必要性がなかったので、結局、そのまま使っている。試しにはがしてみたが、指で触れてもあまりくっつく感じはなく、風呂場の台に置くと、ピタッと固定される感じ。きれいに剥せるものなのか説明がないので、よくわからない。

スポンジの密度が、無印と比べて荒いので、それなりにコストカットされている印象を受ける。とはいえ、日本製らしく、品質が悪い感じはしない。

パッケージ裏に、商品名に小さく「キッチンスポンジ」と書かれている。

試しに、無印良品の受け皿を用意して、

受け皿

ダイソーのを置いてみた。

石鹸置き

うーん、少しサイズは違うが、それほど違和感もない。とりあえず、代替品して使えそうだ。

しかし、個人的に、この商品で一番よかったのは、家の洗面台の水切りと、幅がぴったり合ったことだったりする。

洗面台

今までも無印の取替用スポンジなどをこの場所で使ってみたりしたが、この商品が一番おさまりがよかった。

というわけで、無印良品の「発泡ウレタン石けん置き」のスポンジを劣化して使う続けるぐらいなら、こっちでもいいんじゃないでしょうか。もちろん、無印良品さんに悪いので、取替用スポンジもまた店頭で見つけたら買います。