DSC01884

幸いなことにLubuntuでも普通にDropboxが使えます。今回はインストール方法について説明しますが、実は、超簡単です。Lubuntuソフトウェアセンターからインストールするだけです。

それほど簡単なのに、なぜ記事にする必要がするのか。

普通、○○をインストールしたい、と思ったら、まず apt-cache search やLubuntuソフトウェアセンター等を検索してインストールすればいいだけです。しかし、今回は最初にググってヒットしたdropbox.comのサイトからインストールしてしまった。

もちろんそれで問題はないのだけれど、エレガントではないし、Lubuntu的でもない。せっかくパッケージ管理の仕組みがあるのに、もったいない。

おまけに、Dropboxはオープンソースではなくプロプライエタリなサービスなので、apt-getの対象外だと勝手に理解していたのも悪かった。

そういうわけで、僕と同じように、遠まわりしないように記事にするのです。

まずは王道な方法から説明していきます。

Lubuntuソフトウェアセンターからインストール

まずは万人におすすめの超シンプルな方法。 Lubuntuのメニューのシステムツールから Lubuntuソフトウェアセンター を起動して、カテゴリーInternetからDropboxを選択してインストールするだけ。

softwarecenter1.jpg

あとはメニューのインターネットにDropboxが追加されているはずなので起動すればOKです。

apt-get でインストール

こっちもDebian系列のOSならド定番で、コマンドライン派のベストな方法。

特に僕のLet's note W5M のような今となっては非力なPCだと、Lubuntuソフトウェアセンターは動作が少し重いので、やっぱりapt-getやapt-cacheを使った操作が快適です。

次のコマンドを打ちます。

$ sudo apt-get install nautilus-dropbox

nautilus-dropbox の nautilus とはUbuntu標準のファイルブラウザのことです。Lubuntuの場合は代りに PCManFM という軽量なファイルブラウザが標準になっています。nautilusなしもで動作するようなのでインストールは不要のようです。

dropbox.comからdebファイルを入手する

僕が最初に採った方法がこれです。前述したように、ググってヒットしたdropbox.comのサイトからdebファイルをダウンロードしてインストールしました。

こっちの方法も一応、手順を書いておきます。

まずはdebファイルを次のサイトからダウンロードします。

https://www.dropbox.com/install?os=lnx

Ubuntu(.deb)の32bitをダウンロードします。

取得したdebファイルをdpkgコマンドでインストールします。

$ sudo dpkg -i dropbox_2015.02.12_i386.deb

dpkgが完了してもまだインストールは終っていません。

次のように-iオプションをdropboxコマンドを実行します。

$ dropbox start -i

上記コマンドにsudoは不要です。

付けたとしても結局、現在のログインユーザーの ~/.dropbox-dist ディレクトリにインストールされます。

このコマンドを実行するとGUIのインストーラーが起動します。

指示にしたがって進めれば、自動でダウンロードとインストールが完了します。

この方法でも、たいした差はないような気はしますが、apt-getでインストールできるものを、わざわざ手動でダウンロードしてインストールするのは負けた感じ。

もう一つコマンドライン

さらに上のDropbox.comのページにはもうひとつの方法に説明があります。

32-bit:

cd ~ && wget -O - "https://www.dropbox.com/download?plat=lnx.x86" | tar xzf - 64-bit:

cd ~ && wget -O - "https://www.dropbox.com/download?plat=lnx.x86_64" | tar xzf - 新規作成した.dropbox-distフォルダから Dropbox デーモンを実行してください。

~/.dropbox-dist/dropboxd

あえてこの方法をLubuntuユーザーが採る必要はないでしょう。

DropboxがOS起動時に自動で開始する

ちなみにOS起動時に自動でDropboxが起動されるようにするには、Lubuntuのタスクトレイ?のDropboxアイコンを右クリックして基本設定を選びます。

表示されたダイアログの「システム起動時にDropboxを開始」 にチェックを入れていればOKです。

この項目を変更することで

Lubuntuのメニュー > 設定 > LXSessionのデフォルトアプリケーション

の Autostartというページに、Dropboxの項目が追加されてチェックされているはずです。

さいごに

以上、Dropboxをインストールするだけでも、いろいろ選択肢がある、という話でした。Lubuntu(Ubuntu)らしいというよりLinuxらしいところです。