macimage-604x270.jpg

MacBook Pro 17"(MC226J/A)をSSDに換装してみました。

使用したSSDはTranscend SSD 256GBで、 Amazonで購入しました。

換装の結果、おどろくほど速くなって大満足です。

どれぐらい高速化したか

参考までに、OSXの起動に要した時間を書いておきます。

起動処理換装前換装後
リンゴマークの表示46秒14秒
デスクトップの表示2分40秒38秒
Emacsのウィンドウが表示6分25秒46秒
Emacsが完全に起動7分40秒59秒

換装前のHDDはWestern Digitalの750GB(WD7500BPVT)でした。長く使っていたのでずいぶん遅くなっていました。HDDを初期化して再構築すれば改善したと思いますが、やはりSSDの圧倒的なパフォーマンスは圧倒的でした。いやはや大満足です。

というわけで、ネット上には、すでに換装の記録がたくさん報告されておりますが、とりあえず記録として残しておきます。

購入したSSD

購入した Transcend SSD 256GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS256GSSD370S のパッケージ。

image-3291.jpg

SSD本体。Macを意識したデザインなのだろうか。

image-3298.jpg

対象のMacBook Pro 17inch MC226J/A (Mid2009)。

image-3302.jpg

換装作業の前に行うこと

まずは、CCC(Carbon Copy Cloner)を使って、現在のHDDの内容を新しいSSDへ移行させます。

HDDの750GBに対して、SDDは256GBしかありません。不要なファイルをできるだけコピー対象外にして容量を調節しました。

今回よくわからなかったのは復旧用ボリュームを作成できなかったことです。 次のような作成画面が出たのですが、エラーが出て、ここから先は進めませんでした。画面キャプチャを忘れたうえに、内容も忘れてしまった・・・。

ccc1.png

暗号化は使っていないのでまあいいかということで、作成しないまま作業は進めました。とりあえず他にも起動できるHDDはあるので当面問題はないでしょう。

コピー中。

ccc2.jpg

接続は裸族のお立ち台です。 image-3318.jpg コピーが完了したら、いよいよHDDを交換します。

換装作業は簡単

まずは背面のねじをはずして、パネルを取り外します。 image-3305.jpg

そもそも現在、インストールされているHDDも以前、交換したものです。オリジナルは500GBでした。 image-3310.jpg

HDDを固定しているパーツを外します。 image-3312.jpg

コネクターを外したところです。 image-3313.jpg

これでHDDを取り出せます。 image-3314.jpg

トルクスドライバーが必要

HDDの固定に使われている「トルクスねじ」 を取り外すには、専用のドライバーが必要です。 サイズはT6を使いました。 image-5016.jpg これは高級な日本のVESSELの製品です。以前、必要だったときに取り急ぎ購入しました。

たまにしか使いませんから、次のような格安のドライバーセットを買ったほうがお得です。上の一本のドライバーと大差ないお値段でした。 image-5018.jpg もちろん、VESSELのほうがクオリティが半端なく高く、所有する喜びは味わえます。

トルクスねじをSSDへ付け替えて、HDDに貼ってある「取っ手」を付け替えました。

あとは無事に起動することを確認できたので作業完了です。