autotetris.gif

以前から、MacのデスクトップをGIFアニメとしてキャプチャしてブログに貼り付けたいと思っていたものの放置していたのだけど、やっといろいろアプリやWebサービスを試してみました。

今回の目的では、LICEcap(http://www.cockos.com/licecap/) というアプリが合っていました。

LICEcapとは

僕が気に入ったのは

  • キャプチャーのサイズを数値で指定できる(他のアプリやサービスではマウスのドラッグでしかサイズを変えられないのが多い)
  • タイトルを挿入できる(日本語は使えないけど)
  • GPLなオープソース

といったところです。

MacとWindowsに対応したスタンドアロンなアプリです。

起動すると次のような、ウィンドウのフレームみたいなのが起動します。

liceapp.png

で、右下のRecordボタンを押下して、設定をあれこれしてから保存するファイル名を指定すれば、キャプチャーが開始されます。一時停止してテキストを挿入することもできます。

気に入らないのは、キャプチャーを始める前に保存するファイル名を指定しないといけない点です。何度も撮り直しする場合はその都度、上書きの確認が表示されてしまう。のには不便です。キャプチャした結果を確認してから保存できたほうがいいのに

他との比較

Macの場合、QuickTimePlayerでも動画キャプチャできるので、後からGIFアニメにすることもできますが、ちょっと手間が増えるけれど、動画の編集ありきの場合は、こっちのほうが手堅い方法ですね。

gyazo.comが提供しているGyazo GIFというアプリを使えば、キャプチャした動画がWebサイトへ即アップロードされてGIFアニメを共有できます(あまりにも簡単なので怖いぐらいだが)。時間の制限があったり、編集はPRO版でしかできないなど、制限があります。今回の僕の目的としてはちょっと微妙なところもあるのですが、かなりいい感じなのでこれも併用しようかと思っています。

AppStoreからインストールできるGifgrabberも、LICEcap.appと似た感じです。こちらはキャプチャした動画をローカルに保存するだけじゃなくて、http://www.gfycat.com にクリック一発でアップロードできるので、gyazo.comと似た使い方ができそうです。こっちは他人に公開していいものをアップする感じかな。

ただ、LICEcapと比べると設定項目は少ないのでウィンドウが消えてしまったりするので微妙でした。

Webサービス系の動画キャプチャサービスがあるのは知らなかったので、おもしろそうだからまた使ってみよう。